高崎の車・REVOLT TAKASAKI

の評判

お車はすべて手塗りにて丁寧に仕上げております

お車へ行うガラスコーティングはすべて手塗りにてコーティング剤を塗布しており、スプレーガンを使用した施工に比べてガラスの濃度が濃いまま塗布できるので膜厚を確保できるというメリットがございます。

こういったこだわりの施工は新車限定や部分塗布などのリーズナブルなプランでも変わらず実施しており、他店で行う一般的なガラスコーティングと変わらない仕上がりでご好評をいただいております。お客様のご予算に合わせてさまざまなプランをご用意しております。

新車限定のリーズナブルコーティングを高崎市で提供

「リボルト・ライト(新車限定)」は納車されてから1カ月程度までの新車限定で行うリーズナブルなコーティングメニューで、磨きの下地処理を行わずにUVトップコート1層のみを施工する方法になります。研磨を行うことなくコーティングを行いますので、塗装が平滑な状態である新車の状態にのみ施工を行うことのできる特別なプランになります。コーティングには通常の「リボルト・ライト」と同様に「リボルト・プロ」と「リボルト」で使用しているトップコートを1層のみコーティングいたします。

しかしその仕上がりは妥協することなく、他で行った一般的なコーティングと比較して劣ることはございません。できるだけ安くコーティングを行いたい方、新車の状態を少しでも長く維持したい方にぴったりのコースです。磨きの作業がないため、施工時間は半日から1日程度で終わりますのでお時間のないお客様からも好評です。

お車への薬剤塗布は手塗りで丁寧に行っております

一般的にコーティングは手塗りとスプレーガン(ガン吹き)のいずれかの施工方法によって行われておりますが、自社開発した「リボルト・プロ」はコーティング被膜の厚さを確保することによって耐久性と艶や輝きを増すため、お客様へ最大限のクオリティーのものをお届けすることを考え細かな部分まで行き届く手塗りで時間をかけて膜厚を確保しております。

手塗はコーティング剤をスポンジやクロス・ポリッシャーマシンなどに付けて手作業にて塗布していく方法です。ガン吹きですとガラス濃度によってはスプレーガンの吹き出し口が詰まりやすくなるため、濃度を低くする必要がありますが、手塗りですとガラス濃度を維持したままコーティングができるので、被膜の膜厚を十分に確保することが可能です。膜厚が高いということは耐久性・硬度・艶・輝きが増すということにつながりますので、「リボルト・プロ」にぴったりの施工方法になります。

一部分のみのガラスコーティングも行っております

ボディー全体へのコーティングだけでなくお車の一部分だけといった部分的なガラスコーティングメニューもご用意しております。一部のみのコーティングはリーズナブルにクルマをリフレッシュさせることができるだけでなく、メンテナンス的な要素も含まれております。コーティングに使用する薬剤は「リボルト・プロ」になりますので、「リボルト・プロ」以外のコースで施工をご依頼予定のお客様にもぴったりのサービスです。

「全体的にはリーズナブルなプランでいきたいけれど、この箇所だけはリボルト・プロを使用したい」などご要望をお申しつけください。部分コーティングの施工でおすすめなのは未塗装の樹脂で出来ているバンパー・ピラー・フェンダー・スポイラーなどで、これらは時間とともに酸化してしまい白っぽくなります。この部分にリボルト・プロをコーティングすることによって酸化を防ぐだけでなく、長期間艶を維持できます。